子どもに分かりやすくリサイクルについて教える方法

子供にも分かるって難しい、リサイクルを教えるには?

あなたの知識が試される

リサイクルについて、あなたは理解していますか?
また、説明することができるでしょうか。
一口にリサイクルといっても実はいろいろな方法があって、皆さんがイメージとして持っているリサイクルは、代表的なものです。
リサイクルの社会的認知度が高くなってきた頃に比べて、今は素材や技術も進歩していますし、社会のシステムも整備されています。
今持っている、当初知った初歩的な概念の知識だけでは、現代のリサイクルを説明するにはちょっと難しいかもしれません。
また、一つ大きな問題として、説明する相手が子供であるという事です。
大人なら言葉や社会のルールなど、ある程度の知識を持っている前提で話ができますが、何も知らない子供にわかってもらうために、まずはそこから説明しなければならないこともあるのです。
言葉の意味や仕組みなど、リサイクル本題以外の話をしてしまうと、そこから話が脱線してしまったり、そのまま本題に戻れなくなることも。
子供に説明して理解してもらう事は、実はとても難易度の高いものなのです。
上手に説明して、こちらの想定通りに理解してくれればいいのですが、子供の年齢や理解度によって違ってきます。
それでは、どうすれば子供にもわかりやすいように説明ができるでしょうか。
少しでもわかりやすく、またこちらも手間にならない説明法を考えてみましょう。
リサイクルが身近に、当たり前になっている今の時代、大人としてできることを集めてみました。

おすすめリンク

新宿の粗大ごみ回収はどこに依頼すべき?

新宿の粗大ごみ回収は行政サービスか民間の業者、どちらに依頼するのが良い?費用やサービスまで徹底比較!

品川区の粗大ゴミ回収なら持ち込みがお得

品川区での粗大ゴミ回収なら、自分で指定場所に持ち込む方法がお得!家電以外なら割安になる場合も。

横浜の自治体でしてる粗大ゴミ回収

横浜市自治体でしている粗大ゴミ回収に申込むにはどういった手順で、費用はいくらぐらいなのでしょうか。

リサイクルを知ろう

子供に教えるという事は、あなたがしっかり理解していないとできないことです。 リサイクルについて、子供に説明できるだけの知識を持っているでしょうか。 基本的な知識から、最近のリサイクル事情などをおさらいしておきましょう。 同時に、伝え方についても知る良い機会です。

対象が子供であるということ

リサイクルについて、大切な事はたくさんありますし、知って欲しい知識も多いですが、そのすべてを子供に伝えようとするのは難易度の高いことです。 先ず核になる部分をしっかりと理解してもらい、それから情報量を増やすのが賢いやり方です。 先ずは基本、そして応用、ということです。

教えた、わかったの先に

子供が知りたいと思ったことを、すぐさま的確に教えることができるといいですね。 そして、それ以上の何かを、教える側と教わる側の双方が学べるのが理想です。 リサイクルの大切さ、その先にあるものだけでなく、興味の対象がどんどん広がるように、子供の好奇心を大切に伸ばしたいですね。